安定同位体と特殊ガスのタツオカ

研究分野に特化したガスのトータルサポーター、タツオカ。
レスポンスに重点をおいた体制で、シリンダー、キャビネット、配管、装置機能までの供給をトータルにエンジニアリング

特殊ガス

重要事項

【バルブ口金形状について】

通常はJIS W22-14山(右)オスネジバルブとなっております。
可燃性の成分ガス濃度が5%を超える場合、JIS W22-14山(左)オスネジバルブとなります。

【容器サイズについて】

通常は3.4Lボンベ、10Lボンベ、47Lボンベの3タイプご用意いたしておりますが、成分ガス及び濃度によって
製造可能な容器サイズが限られますので予めご了承ください。

【バランスガスについて】

N2以外のバランスガス(He,Ar,CH4,Air他)もご相談下さい。
成分及び濃度によってはバランスガスの種類が限られますのでご相談下さい。

【充填圧力について】

通常は14.7MPa充填されております。
しかし、以下の場合は例外となりますので予めご了承ください。

  1. 蒸気圧力の低い成分ガスの場合は濃度によって充填圧力が異なります。その都度お問い合わせください。
  2. バランスガスの成分によっては充填圧力が異なります。その都度お問い合わせください。。
  3. 支燃性ガス+可燃性ガスとなる場合は安全性のため、充填圧力に制限があります。その都度お問い合わせください。
  4. 不飽和炭化水素+H2 Balanceの場合は反応を抑制するため充填圧力に制限があります。その都度お問い合わせください。

【特殊内面処理容器及びアルミ材質容器について】

 以下の場合、特殊内面処理容器もしくはアルミ材質の容器を使用致します。

  • 不飽和炭化水素 + H2 Balance 標準ガス
  • CO + Air Balance 標準ガス
  • H2S≦100ppmの 標準ガス
  • O2≦500ppm 標準ガス
  • SO2,NO≦50ppm 標準ガス
  • H2O全濃度範囲
  • 多種混合において物質と物質の反応を抑制させる場合
  • その他極性が高く、不安定な物質の標準ガス

【製造精度・値付け精度について】

通常は製造精度±10%、値付け精度±2%となっております。
但し成分及び濃度によっては通常と異なりますので、その都度お問い合わせください。

【標準ガスの有効期限について】

通常は1年間となっております。
但し成分及び濃度によっては6ヶ月、3ヶ月といった例外もございますのでその都度お問い合わせください。