安定同位体と特殊ガスのタツオカ

研究分野に特化したガスのトータルサポーター、タツオカ。
レスポンスに重点をおいた体制で、シリンダー、キャビネット、配管、装置機能までの供給をトータルにエンジニアリング

安定同位体標識 ( isotope labels / markers )

微細藻類由来の安定同位体標識、グルコース、アミノ酸、スターチ、脂肪及び脂肪酸、NMR用の標準タンパク質ユビチキンを取り扱っております。
NMR用無機標準については、NMRのページもご覧ください。安定同位体一般のページにも有機の標識化合物が掲載されています。

安定同位体標識バイオケミカル(微細藻類由来)

D-Glucose
グルコース(ブドウ糖)
2H、 13C 
(光合成培養の微細藻類のデンプンを酵素分解)
Algal Amino Acid Mix
藻類アミノ酸混合物
2H、15N、13C15N、2H15N 
(培養した微細藻類のタンパク質を加水分解)
Starch
スターチ
13C
(光合成培養した微細藻類のデンプン)
Algal Lipid Mix
脂肪混合物
13C
(微細藻類を溶媒抽出。呼気検査に)
Algal Fatty Acid Mix
脂肪酸混合物
13C
(微細藻類から得た脂肪を加水分解)

安定同位体標識(セルフリー系用)

Amino Acid Mix
アミノ酸混合物
15N、13C15N 
(タンパク質合成に必要なアミノ酸20種類の全てを含む)

安定同位体標識 C.H.L 培地

種類標識主成分
C.H.L 培地
大腸菌用
15N、13C15N グルコース、藻類加水分解物、塩化アンモニウム、アミノ酸混合物(別添)
C.H.L-d 培地
大腸菌用
15N、2H15N、2H13C15N藻類加水分解物、塩化アンモニウム、アミノ酸混合物(別添)
C.H.L-rich 培地
大腸菌、枯草菌用
15N、13C15N グルコース、藻類加水分解物、塩化アンモニウム、微量要素

タンパク標準品

Chlorella Ubiquitin
ユビキチン
15N、13C15N 
(クロレラユビキチン遺伝子を組み混んだ大腸菌を培養、タンパク発現後精製。NMR用標準タンパク質)
Chlorella Calmodulin
カルモジュリン
15N、13C15N 
(クロレラカルモジュリン遺伝子を組み混んだ大腸菌を培養、タンパク発現後精製。NMR用標準タンパク質)