安定同位体と特殊ガスのタツオカ

研究分野に特化したガスのトータルサポーター、タツオカ。
レスポンスに重点をおいた体制で、シリンダー、キャビネット、配管、装置機能までの供給をトータルにエンジニアリング

サブゼロ装置

サブゼロ装置とは

「サブゼロ処理(深冷処理)」とは、焼き入れ後の鋼をドライアイス、液化炭酸ガスや液体窒素により冷却することです。日本工業規格JIS G 0201:2000 鉄鋼用語(熱処理)にも記載されています。

焼き入れは、高温に熱した鋼を急冷して、硬度を増す処理です。(焼き入れ前の鋼、オーステナイトから焼き入れ後の鋼、マルテンサイトへ変化させる。)しかし、材料の形状や温度の条件により、部材の内部まで100%完全に変化することはありません。わずかにオーステナイトが残留します。一般に、残留オーステナイトは、鋼の炭素量が多くなる程大きく、また、水より油を使った焼き入れの方が多くなります。
残ったオーステナイトも時間が経つと、徐々にマルテンサイトに変化していきます。(時効効果)このとき、体積も変化するので、精密金型やゲージなどの高い寸法精度が必要な部品では、問題になります。
-80℃前後に材料を冷やすことで、この経年変化の抑制と硬度の均一化を目的とするのがサブゼロ処理です。-130℃以下の超サブゼロ処理では、さらに、耐摩耗性を向上させます。サブゼロ処理は、包丁、刃物、工具や金型、ゲージなどで用いられています。

お問い合わせ

一方、オーディオマニアの間では、10年ほど前からケーブルやシャーシなどを摂氏-100度ほどに冷却することをサブゼロ処理(クライオ処理)とよんで、音質が改善できるらしいと話題になっています。

もちろん、サブゼロ装置は冷やし嵌め、低温環境試験など、他の工業・食品・医療関連の低温冷却設備として、ご利用いただけます。

  • サブゼロ装置本体写真
  • サブゼロ装置本体仕様例

    温度調節方法 液化窒素供給制御
    温度制御範囲 -150 ℃ 〜 +50 ℃
    庫内容量 約80リットル
    庫内寸法 W 500×D 400×H 400 mm
    手動式(エアダンパー付)
    装置重量 約120 kg
    配管接続口 手供給口 9/16UNF(オス)
    排気口 R50A
    電源 AC 200 V 20 A 三相 50/60 Hz
    寒剤 液化窒素圧力 0.3 〜 0.7MPa
  • サブゼロ処理装置フロー例
    サブゼロ装置配管フロー
  • 自動開閉扉仕様例
    パワーシリンダー付きサブゼロ装置庫内
  • ヒーター付き仕様(庫内)
    ヒーター付きサブゼロ装置庫内